2011/12/07

私の足のこと・・・手術後1週間★

臼蓋形成不全、手術後のこと・・・

私の足のこと・・・手術前~手術★の続きです。

手術をして、たぶん2日目

一般病棟のナースステーションに近いひとり部屋に移動

左足股関節から下は、まったく!まったく動かないのであります。

左足で唯一動くのは、足首から下だけ。

ベッドに横になったまま、1週間

1週間は・・・つらかったー(ノ_-。)

一日一日とベッドのリクライニングの角度をあげてもらえるが

最初の食事は横になって食べさせてもらうしかなかった。

もちろん部屋のカーテンを開け閉めすることもできない。

しかし、同じ病院へ入院していた義父が、毎日「おはよう」とカーテンを開けにきてくれた。

ありがたかった(゚ー゚)

夜は、主人が来てくれたからカーテンは閉めてくれてた(゚ー゚)

あの1週間は・・・一日が長かった・・・

汚い話になるが、知りたい人もいるだろうから書きます。

動けないのでトイレにはもちろん行けません。

あの1週間は、管を通してもらっています。

しかし1週間も管を差しっぱなしだと、膀胱炎を起こす方もいらっしゃるそうです。

幸いにも私は膀胱炎になりませんでしたが。

そして、大きいほうは・・・

ナースコールをしたら、これにどうぞ^^ とあのチリトリ・・・みたいなやつ(?)を持ってきてくださいます。

でも、はっきり言って、寝たままでは出ません(;;;´Д`)

結局私は1週間出ませんでした。

なので、1週間後にはお腹がパンパンでした・・・(u_u。)

そして、1週間が経ち、一般の4人部屋へと移動するのでした。

その時も、もちろん歩けやしないので、ベッドごと移動。

しか~し、1週間も出していなかったものが・・・

なので、車椅子を使って、トイレに連れてってもらい

しばらくコモっておりましたヘ(゚∀゚ヘ)

これが手術後1週間の事。

そしてこれから先、約3ヶ月弱の入院生活がやってくるのでした(^-^;

つづく・・・

人気ブログランキングへ

  • にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
  • いつもありがとうございますheart04

    広島ブログに参加してる人もしてない人も

    ブログをしてない人も  広島ブログ

    押しておいてもらえたら、毎日の励みになりますhappy01

  • 2011/12/02

    私の足のこと・・・手術前~手術★

    昨日に続いて、ワタシの足のこと。

    臼蓋形成不全について、詳しくは↓↓↓

      ◆臼蓋形成不全とは?

    【管理人“舞姫さん”の許可を得ております。】

    痛みを感じ始めて、約18年。

    かなりの痛みがあるのは左股関節。

    右股関節も同じ状態ではあったが痛みは無かった。

    平成15年6月~9月

    3ヶ月の入院を覚悟で、三次市立中央病院での手術を決めた。

    手術は担当医と股関節手術専門の先生2名、計3名で行われるとのこと。

    手術では大量の出血があるので、事前に自分の血液を取っておく。

    2回にわけて400ccだっただろうか・・・血液を採取保存しておいて、輸血をしながら手術を行うのだ。

    注意しなければいけないのが、自分の血液の保存期限は3週間らしいので、手術日を簡単には変更できない。

    手術前には肺活量の検査・心電図等々もろもろの検査もたくさん受ける。

    子どもたち長男中学3年生・長女小学3年生・次男小学2年生・末っ子2歳を残しての入院は、結構つらいものがった。

    主人の両親は隣の家で暮らしてるから少しは安心だったが、ちょうどワタシが入院する直前に、義父が体調をくずして同じ病院に入院してしまっていたから・・・。

    しかし、予定通り、子どもたちのことを主人にまかせて、入院。

    手術前日に入院し、手術に向けての準備をする。

    手術当日、主人は仕事を休んで見守ってくれた。

    手術室に入って出てくるまで、実に8時間。

    全身麻酔での手術。

    腰骨の辺りから下に約23センチぐらいを切り開きます。

    Rao1

    骨盤を切り、少しズラし、ズラした時にできる隙間には骨盤の裏側の骨を少し切り取り隙間を埋める(移植骨)。

    これを時間が経つと溶けるというボルト2本でガッシリを留めるという。

    手術台の上で腰に痛~~~~~い注射をされ

    上向きになり、なにやらマスクを付けられ・・・

    「数を数えて~」を言われ、急に怖くなって涙が出た。

    その涙を看護師さんがやさしく拭いてくれたのを覚えている。

    15~16ぐらいまで数えただろうか・・・

    気がついたら、ドラマのワンシーンみたいに、ボヤ~っと、どこかの天井が見えた。

    ICU(集中治療室)の天井だった。

    たぶん看護師さんに名前を呼ばれてんだと思う。

    そして主人の顔が見えた。

    終わったんだ・・・

    18歳の頃に見た、同じ手術を受けた人みたいに下半身はギブスに覆われてはいない。

    左足のふくらはぎにプシュープシューと数分おきにエアーが膨らみ血行を促がす装置が付けられ、股関節の付け根には強力な痛み止めの管がささっていた。

    全身麻酔から一旦は目がさめて、看護師さんと主人を見た記憶があるが、とにかく悪寒が走り、寒い!!

    電気毛布があったが、それでも寒かった。発熱してた。

    それからまた目を閉じた・・・

    次に気がついたのはたぶん次の日だったかなぁ。

    同じ病院に入院していた義父が自分も体調崩して辛いのにもかかわらず、ワタシを見舞ってくれた。

    手術2日後、一般病棟に移るのである。

    その後のバタバタ劇はまた次回(o・ω・)ノ))

    2011/12/01

    私の足のこと・・・痛みはじめ★

    今日は、自分の覚書として

    左の股関節に激しい痛みを感じたのが高校卒業してから半年経った頃。

    歩くのもままならないくらいの激痛だった。

    病院に行くと『臼蓋(きゅうがい)形成不全』と診断。

    手術をしないと歩けなくなる。と言われた。

    もしかしたら誤診かも・・・と思い、数ヶ所の病院へ行ってみたが、どこでも同じ診断結果だった。

    それが18歳の時。

    03

    広島市にある、有名な病院へ一度は入院し、ベッドに横になってるときは、左足首に錘をつけた紐をくくり、ベッドから垂らし、足をひっぱった状態にしていた。

    同じ症状で手術をしたという女性が同室だったが、当時の手術では、手術後に腰から足先までがギブスで覆われていた。

    当時18歳だった私は、そんな手術なんて怖くて・・・

    結局、手術はしないで、体重は増やさないでねと言われ、退院。

    その後、激痛とまではいかなかったが(痛みに慣れたのか?)一日中・一年中・・・股関節の痛みと付き合わなければならなかった。

    20歳で結婚し、病院には定期的に行ってたものの、先生には「早く手術をしないと、あるけなくなるよ!」といつも言われ、畑・田んぼ仕事はしないように!と注意された。

    姑には、「手術ぐらいしてから嫁に来りゃーえかったのに!」と小言をつかれ・・・

    子育てでは、どんどん育ってく子どもを抱っこしなければならなく・・・

    ちょっとでも無理をした日には、夜中に腰から下に痛みを感じ。

    離婚。

    その後再婚はしたが、すぐに子どもができ、手術の時期を逃す。

    そしてその方とも縁がなく離婚。

    今の主人と一緒になり、足のことを説明すると、手術せにゃ~いけんじゃろ~。

    と言ってくれ、末っ子が2歳になって、手術をすることにした。

    結果、股関節の痛みと十数年付き合ってたわけだ。

    股関節の痛みは自分しかわからない。見た目普通に歩けるから、背が高いワタシはよく「バレーボールをしない?」と声をかけられたもんだ。

    「ごめんなさい。。。股関節が悪いからスポーツはできないんですよ」と断ると、「えーー!うそ~~!?普通じゃん」と言われた。

    もともとスポーツが大好きなワタシは悔しくてたまらなかった。

    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

    人気ブログランキングへ

  • にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
  • いつもありがとうございますheart04

    広島ブログに参加してる人もしてない人も

    ブログをしてない人も  広島ブログ

    押しておいてもらえたら、毎日の励みになりますhappy01

  • 2011/03/06

    認知症サポーター養成講座★

    先週、認知症サポーター養成キャラバン『認知症サポーター養成講座』がありました。

    Dscf6546

    地域の方18名聞きに来られました。

    Dscf6547

    認知症とはどんなものか?

    認知症の人に対して、どのように対応したら良いのか?

    学びました。

    今まで勘違いしていたことがあり、また、地域・ご近所の協力が必要だと感じました。

    Dscf6554

    講座を終えて、認知症サポーターの講座を受けたということで、“オレンジリング”をいただきました。

    もっともっと認知症のことを知り、支援をしていきたいと思います。

    いつもありがとうございますheart04

    広島ブログに参加してる人もしてない人も

    ブログをしてない人も広島ブログ

    押しておいてもらえたら、毎日の励みになりますhappy01

    楽しいブログがいっぱい見れますよheart

    2010/09/14

    切っちゃった(>_<) ★

    夕飯の支度をしてて、ジャガイモの皮剥いてたら・・・

    親指を切っちゃいました(つд⊂)

    そういえば、先月は玉ねぎ切ってて、中指を切っちゃったし・・・

    ワタシって、どんだけおっちょこちょいなんだΣ(゚д゚lll)

    今日はかなりパックリいっちゃった・・・ので、すぐに傷口をふさぎ、テーピング(;´д`)トホホ…

    ズキンズキンしてましたー(;;;´Д`)ゝ

    結局、その後の夕飯支度は・・・

    Dscf3556

    主人がしてくれましたscissors

    味付けはワタシでしたが、材料は全部切ってくれましたよhappy02

    ありがとーc(>ω<)ゞ

    なんなら・・・いつもやってくれてもいいよーshine

    いつもありがとうございますheart04

    広島ブログに参加してる人もしてない人も

    ブログをしてない人も  広島ブログ

    押しておいてもらえたら、毎日の励みになりますhappy01

    楽しいブログがいっぱい見れますよshine

    2010/06/20

    お疲れモード★

    昨日・今日と連チャンでビーチバレーをしたところ手の親指を痛め…
    おまけに筋肉痛…{{ (>_<) }}
    更新日は少し待っててねo(^o^)o
    と、寝る前に打ちながら…寝て…たmobilephone
    と打ちながらもウトウトsleepy 筋肉痛で起き上がれないよ~cryingcryingmobilephone

    2010/04/12

    痛そ~(>_<)★

    土曜日にできた末っ子の足のマメ・・・

    ↓↓こんなんです(・.・;)

    Dscf1296

    昨日は歩くのに痛がってましたcrying

    Dscf1297

    でもね。。。

    昼間は歩くのに痛いからカットバンを貼ってたけど、夜は何も貼らずに寝たら乾いて、もうほとんど痛くないらしいよ~scissors

    見た目は痛そうだけどねsweat01

    。。。ところで。。。

    末っ子の足を撮って、確認してたところ・・・

    ↓↓こんなのが出てきた!!(゚ロ゚屮)屮

    Dscf1293

    よく見たら、長女が高校入学前日に、同級生と広島市内へ遊びに行った時に撮ったプリクラだったflair

    別々の高校に行くから、思い出作りをしたみたいだよshine

    長女は昨日から、初めての寮生活が始まった訳だけど。。。

    どうだろうね・・・??

    まぁ、同室の先輩たちは明るい子たちだったから、安心してるけどhappy02

    ただ・・・

    長女は、寝相が悪い!!のと、寝ついたころに、無理に起こすと、非常に意味不明な言葉を発する・・・ということがあるのが、気になるんだよねcoldsweats01

    いつもありがとうございますheart04

    広島ブログに参加してる人もしてない人も

    ブログをしてない人も  広島ブログ

    押しておいてもらえたら、毎日の励みになりますhappy01

    楽しいブログがいっぱい見れますよheart

    どれか、押してみる?

    おきてがみ    

    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 広島情報へ

    2009/10/15

    骨折?!・・・(・.・;)・・・だれが?★

    『だれが骨折だって~?ヾ(.;.;゚Д゚)ノ』

    『おっちゃん・・・』

    これは、昨夜のワタシと長女の会話でございます。

    実は、家に置いてる携帯に写メが送られてきたんですよ。

    Image019

    送ってきたのは、今年の5月4日5日に遊びにきた“はるママ”happy01

    【骨折しました】の一言と、この写メphoneto

    《えっw(゚o゚)w“はるママ”が骨折~coldsweats02 》と思ったけど、この足は、どう見ても男の足Σ(;・∀・)

    さては・・・“はるパパ”?と思ったら、やっぱり“はるパパ”の足だったsweat01

    自転車bicycleでコケた・・・とかcrying

    長女いわく、『どんなコケ方したら骨折する~ん!???』・・・と、爆笑coldsweats01

    ってか、人の不幸を、笑うなんて失礼ですねdown・・・と言いながら、ワタシも爆笑してましたsweat01(ゴメンナサイsweat01

    おまけに、『ありがたくブログネタにさせていただきますscissors』 と伝えたら、『ブログに載せちゃえ~(笑)』と“はるママ”から返信が来ましたしhappy02

    どんだけ“はるパパ”の不幸を笑うんやね~んって感じですねsweat01(ほんまにゴメンナサイcoldsweats01

    骨折といえば・・・ワタシも②月に肩を剥離骨折したっけ・・・crying

    あの時は大変だったなぁ(;´▽`A``

    “はるパパ”~paper お大事にねwink

    “はるママ”~paper 写メ・・・よく見たら、炊飯器の蓋・・・開いてるぜぃΣ(・ω・ノ)ノ!

    そのままブログアップしちゃいました(笑)

    “はる”~paper しっかり、パパとママのお手伝いをするんよgood

    ウチの方は田舎だから、自転車を乗るのはほとんどが中学生だけど、市内の方は、自転車に乗ってる大人の方も多いんでしょうね。

    みなさん、気をつけてくださいねdanger

    いつもありがとうございますheart04

    ココ↓↓を押しておいてもらえたら、毎日の励みになりますhappy01

    広島ブログ   おきてがみ 

    2009/09/23

    ガン検診・・・行ってますか?★

    お気づきの方もいらっしゃるでしょうか。

    つい先日より、画面右側の☆広島ブログ お気に入り☆に、《いつまでも君が好き》を追加しています。

    この《いつまでも君が好き》は、ご主人と娘さん・息子さん そして、家族にかかわる方たちによる、乳がんで余命残り少ない奥さんの事を書き記していらっしゃるブログです。

    ワタシが、このブログに出会ったのは、“広島ブログ”に登録して、いろんな方のブログに訪問していた時のことでした。

    なにげない、そしてあたたかいタイトルにひかれて、のぞいてみることにしたんです。

    初めて読んだのが6月7日のブログ。

    夫婦ふたりが手をつないでいる写真が目に飛び込んできました。

    気になって、記事をさかのぼって読ませていただき、どんな状況なのかがわかりました。

    その後、毎日ブログを読みにお邪魔しています。

    ご夫婦は、ワタシと同年代。子どもさんもやっぱり同年代です。

    そんな、自分と同年代の方が、乳がん。そして、がん転移・・・。

    その奥さんを支えている、ご主人、家族・・・。

    ご主人が、奥さまのことをブログで公開するわけを知り、このたび、ワタシも少しでも協力できたらと思い、紹介することにしました。

    これ↓は、ワタシが初めて、コメントを入れさせていただいた時 のお返事です。

    2009年06月08日 22:56

  • ありがとうございます。
    子供たちにとってとてもすてきな一日でした。
    私は言葉を文字で伝える仕事で生きてきました。今も生きています。
    このブログは5月中ごろまで非公開で子供が大きくなったときにママの当時の状況を伝えるために書いてました。
    公開したのは妻の一言です{自分のことしか考えてなかった}。
    子供ともっと暮らしたい。子供がかわいそう。そんな表情でした。
    だから、僕はひとりでも乳がんを早期発見するきっかけにしてほしいと公開することにしました。馬鹿でしょ。そんな馬鹿がいても良いと僕は思ってます。(笑)
  • そしてこれ↓が、このたび、ブログを紹介したいと伝えた時のお返事です。

    2009年09月21日 21:59

  • このブログは一人でも病気を一刻も早く発見してもらえればと公開したものです。最初は娘のための記録で未公開でしたが、娘や息子とおなじおもいをする子供たちを一人でもなくすきっかけになればと。ぜひ、お願いいたします。感謝いたします。
  • 息子さんは中学一年生。

    ウチの次男が中学二年生。

    もし、ワタシに何かあり、余命が少なかったら・・・次男はもちろん、家族みんながどれだけ哀しむだろう?

    もし、ワタシがまだ中学生で、母が余命少ないと言われたら、どんなに哀しいだろう?

    もし、ワタシ自身が余命少ないと言われたら・・・どんなになるだろう?

    と考えると、いてもたってもいられなくなる。

    ワタシは、数年前に初期の子宮ガンが見つかり、一部摘出をしております。

    幸いにも、早期発見という事で、その後のガン検診は異常無しではあります。

    しかし、ガンを甘く見てはいけないと思います。

    若ければ若いほど、ガンの進行は早いです。

    定期的にガン検診をする事は、大切なこと。

    そして、ガン検診をする事は、家族を守ることだと思うんです。

    ワタシは《いつまでも君が好き》に、一日一回は訪問し、時には安心し、時には心配をし、時には涙があふれて止まらなくなる時があります。

    そして、考えさせられています。

    そして、奇跡を信じて、見守っています。

    どうか、ガン検診を怠らないでください。

    乳がん・子宮がんにかかわらず、男性も、女性も・・・。

    自分が居なくなったら、悲しむ人が居るって事を、忘れないでいてほしいclover

    言葉不足で、うまく紹介できてるかどうか、わかりませんが、《いつまでも君が好き》を読まれて、ガン検診を受けていない方は、どうか受けに行ってほしいと思います。

    いつもありがとうございますheart04

    ココを↓↓押しておいてもらえたら、毎日の励みになりますhappy01

    広島ブログ                 おきてがみ

    プレビュー

    Twitter

    主人の不定期バイクブログ

    2013年12月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    無料ブログはココログ